(~公~)


by matikaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:映画&映像&TV( 4 )

GDCのnehanTeeはヘビロテでした。

GDCで買ったのは後にも先にもそれだけでしたが。

で、破。

正に、「破」タイトルの通り、旧シリーズをぶち破る超急展開。

一緒に見に行ったツレは、「ハイテンポで付いていけ無かった」と。

やっぱり前作「序」の公開後、いろんな所で言われていたように、

監督が結婚して丸くなった成果?、大人キャラが大人になり、

また、旧シリーズより視聴者が見える世界はやや広がりやや分かりやすくなった感じがあります。
(あくまで「やや」です)

そして、この新劇場版をここまで見る限りでは、

当時、健全な中学生だった私に大きな影を落とした旧シリーズよりも

やんわりマイルドになってる気もしますね。(アスカのあれはあれでしたが。)

しかし、庵野監督のことですし、「Q」+「?」では、

私を見事に手のひらの上でローリングクレイドルし、凹ましてくれる事を期待してます。


「急」=「Q」で、Qはquickeningとは巧いですね。一本取られた。
[PR]
by matikaze | 2009-06-28 00:47 | 映画&映像&TV
臓器移植といえば、あのネタをあの時代にやっている高橋ツトムはやっぱ凄い。
地雷震の最終話をぜひ読んでみてください)



映画「変身」。

玉木宏も最近演技うまくなってきてるなとか、

蒼井優はビジュアルじゃなく、演技で岩井俊二に抜擢されたとか、

そんなことを忘れてしまうようなクサい演技。

演者は良いのに、原作も東野圭吾で文句無いはずなのに、

「(監督の)演出」もしくは「ダサい台詞、脚本」と言うもので、

これほど残念な事になってしまうとは、おそロシア。

ただタイムリーですよね、臓器移植問題。

あれ、心停止で移植に使える脳ミソ残ってる時はどうなんでしょう?

そもそも、脳の移植ってもう普通に行われるレベルまで来てるんでしょうか。

良く分からんですね。

まあ、そういうところも気にならず、

蒼井優(若しくは玉木宏)見れるだけで良い、

と言う人向けです。

☆5分の3。
[PR]
by matikaze | 2009-06-20 16:32 | 映画&映像&TV
ツタヤの抽選に当たり、今月はレンタル半額。

と言うわけで、精力的にレンタルしよう!キャンペーン開催中です。

で、「バタフライエフェクト」。

「いつか借りよう、いつか借りよう」で、

気付いたらレンタル始まってからなんと四年!経っていました。

見てみると、「プロポーズ大作戦」の元ネタっぽいですね。

と言うか、こういったタイムスリップものは無数にあると思うので

一概にはいえないですが。

内容は前述した通り、非常に巧く作りこまれたタイムスリップものです。

時間の配列、見せ方が非常に巧いです。

洋画ぽくない、ほろ苦いラストも良いです。

オアシスのエンディングテーマにもグッときました。

見ておいて損は無い作品ではないでしょうか。
[PR]
by matikaze | 2009-06-14 23:54 | 映画&映像&TV

tacicaに良い&重力ピエロ

ここでまさかの復帰ですよ?

「重力ピエロ」

絶望的に救いの無い設定と

それに反する様な程好く散りばめられたほのぼのとした感じ。

+小技の効いた笑いのバランスがとても良かったです。

グラントリノ、五右衛門とどれ見ようかと迷いましたが、

見てよかったかな。

久々に渡部篤朗見れたし、小日向文世良かったし。

加瀬亮は相変わらずだるそうだし、ダブル岡田は両者ともハマリ役だし。

十分やね。久々の映画にしては、

で、タイトルなんですが、最近tacicaってバンドを知りました。

テイスト的には最近増えてきた、「bumpと何かを足して2で割った感じ」なんだけれども、

その「何か」が中々思い浮かばないのが、この人達の良い所でしょう。

あとは、山崎まさよしの真夜中のBoonBoonがヘビロテです。
[PR]
by matikaze | 2009-05-24 00:38 | 映画&映像&TV