(~公~)


by matikaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

GDCのnehanTeeはヘビロテでした。

GDCで買ったのは後にも先にもそれだけでしたが。

で、破。

正に、「破」タイトルの通り、旧シリーズをぶち破る超急展開。

一緒に見に行ったツレは、「ハイテンポで付いていけ無かった」と。

やっぱり前作「序」の公開後、いろんな所で言われていたように、

監督が結婚して丸くなった成果?、大人キャラが大人になり、

また、旧シリーズより視聴者が見える世界はやや広がりやや分かりやすくなった感じがあります。
(あくまで「やや」です)

そして、この新劇場版をここまで見る限りでは、

当時、健全な中学生だった私に大きな影を落とした旧シリーズよりも

やんわりマイルドになってる気もしますね。(アスカのあれはあれでしたが。)

しかし、庵野監督のことですし、「Q」+「?」では、

私を見事に手のひらの上でローリングクレイドルし、凹ましてくれる事を期待してます。


「急」=「Q」で、Qはquickeningとは巧いですね。一本取られた。
[PR]
by matikaze | 2009-06-28 00:47 | 映画&映像&TV
濃度が高いと酸性よりもアルカリ性のが危険らしいですね。

日産CUBEの新CM「Remix cube」。

名曲「今夜はブギーバック」「TOKYO No.1 SOUL SET」によるリミックスを

「HALCALI」が歌うという異色な組み合わせ。

そして赤塚キャラが飛び交う映像は宇川直宏によるもの。

こいつです。

なかなかやりおるね、日産。

ただ、曲自体はリリース予定は未定だそうで、残念。
[PR]
by matikaze | 2009-06-23 13:27 | 音楽
臓器移植といえば、あのネタをあの時代にやっている高橋ツトムはやっぱ凄い。
地雷震の最終話をぜひ読んでみてください)



映画「変身」。

玉木宏も最近演技うまくなってきてるなとか、

蒼井優はビジュアルじゃなく、演技で岩井俊二に抜擢されたとか、

そんなことを忘れてしまうようなクサい演技。

演者は良いのに、原作も東野圭吾で文句無いはずなのに、

「(監督の)演出」もしくは「ダサい台詞、脚本」と言うもので、

これほど残念な事になってしまうとは、おそロシア。

ただタイムリーですよね、臓器移植問題。

あれ、心停止で移植に使える脳ミソ残ってる時はどうなんでしょう?

そもそも、脳の移植ってもう普通に行われるレベルまで来てるんでしょうか。

良く分からんですね。

まあ、そういうところも気にならず、

蒼井優(若しくは玉木宏)見れるだけで良い、

と言う人向けです。

☆5分の3。
[PR]
by matikaze | 2009-06-20 16:32 | 映画&映像&TV
ツタヤの抽選に当たり、今月はレンタル半額。

と言うわけで、精力的にレンタルしよう!キャンペーン開催中です。

で、「バタフライエフェクト」。

「いつか借りよう、いつか借りよう」で、

気付いたらレンタル始まってからなんと四年!経っていました。

見てみると、「プロポーズ大作戦」の元ネタっぽいですね。

と言うか、こういったタイムスリップものは無数にあると思うので

一概にはいえないですが。

内容は前述した通り、非常に巧く作りこまれたタイムスリップものです。

時間の配列、見せ方が非常に巧いです。

洋画ぽくない、ほろ苦いラストも良いです。

オアシスのエンディングテーマにもグッときました。

見ておいて損は無い作品ではないでしょうか。
[PR]
by matikaze | 2009-06-14 23:54 | 映画&映像&TV
くるりの新譜「魂のゆくえ」。

久々に試聴して即身仏、「ほぼ逝きかけました」な傑作です。

こんなに震えたのは「クワイエットルームへようこそ」見て以来かも知れんです。

原点回帰とか、そんな言葉じゃ収まらないです。

初期のくるりを連想させるサウンドに前作のクラシカルな部分もうまくブレンドされています。

とにかく一曲一曲が全て素晴しいですが、ベストは表題曲「魂のゆくえ」でしょうか。

ぜひ聴いてみてください。

こんだけ手放しで薦めれるアルバムは久しぶりです。
[PR]
by matikaze | 2009-06-14 23:00 | 音楽