(~公~)


by matikaze
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツタヤの抽選に当たり、今月はレンタル半額。

と言うわけで、精力的にレンタルしよう!キャンペーン開催中です。

で、「バタフライエフェクト」。

「いつか借りよう、いつか借りよう」で、

気付いたらレンタル始まってからなんと四年!経っていました。

見てみると、「プロポーズ大作戦」の元ネタっぽいですね。

と言うか、こういったタイムスリップものは無数にあると思うので

一概にはいえないですが。

内容は前述した通り、非常に巧く作りこまれたタイムスリップものです。

時間の配列、見せ方が非常に巧いです。

洋画ぽくない、ほろ苦いラストも良いです。

オアシスのエンディングテーマにもグッときました。

見ておいて損は無い作品ではないでしょうか。
[PR]
# by matikaze | 2009-06-14 23:54 | 映画&映像&TV
くるりの新譜「魂のゆくえ」。

久々に試聴して即身仏、「ほぼ逝きかけました」な傑作です。

こんなに震えたのは「クワイエットルームへようこそ」見て以来かも知れんです。

原点回帰とか、そんな言葉じゃ収まらないです。

初期のくるりを連想させるサウンドに前作のクラシカルな部分もうまくブレンドされています。

とにかく一曲一曲が全て素晴しいですが、ベストは表題曲「魂のゆくえ」でしょうか。

ぜひ聴いてみてください。

こんだけ手放しで薦めれるアルバムは久しぶりです。
[PR]
# by matikaze | 2009-06-14 23:00 | 音楽

tacicaに良い&重力ピエロ

ここでまさかの復帰ですよ?

「重力ピエロ」

絶望的に救いの無い設定と

それに反する様な程好く散りばめられたほのぼのとした感じ。

+小技の効いた笑いのバランスがとても良かったです。

グラントリノ、五右衛門とどれ見ようかと迷いましたが、

見てよかったかな。

久々に渡部篤朗見れたし、小日向文世良かったし。

加瀬亮は相変わらずだるそうだし、ダブル岡田は両者ともハマリ役だし。

十分やね。久々の映画にしては、

で、タイトルなんですが、最近tacicaってバンドを知りました。

テイスト的には最近増えてきた、「bumpと何かを足して2で割った感じ」なんだけれども、

その「何か」が中々思い浮かばないのが、この人達の良い所でしょう。

あとは、山崎まさよしの真夜中のBoonBoonがヘビロテです。
[PR]
# by matikaze | 2009-05-24 00:38 | 映画&映像&TV